背中にきび 原因

背中にきびの原因を探る

背中にきびというのは、成人に多く見られることから、大人ニキビと言われてますが、ニキビには20歳以上の方に現れる大人にきびと、思春期に良く見かけるにきびと区別しており、「大人にきび」または「思春期にきび」などとと呼んでいます。

 

大人にきびはティーンエイジャーのときにはできなかったという方に対してもできるのが特徴です。大人にきびの発症する部位としては、背中にきびや口の周囲もしくはあごの輪郭などに出てくる可能性が高いようです。

 

大人にきびのできる理由は色々ありますが、不規則になったライフスタイルの繰り返しや対人関係のストレス、さらには、年代による身体の調子など、いろいろ絡み合ってできるようです。

 

年齢的な問題と言うことで見れば、年齢からくる代謝サイクルの機能低下も、
誘引になるようです。

 

背中にきびの原因には他にも遺伝的な要因もにあると言われてます。
とくに、脂性過多ぎみのタイプの人にはにきびができ易いと言わせてます。

 

このタイプの人は、もともと皮脂の分泌量が多くタイプの方で、お肌が脂っぽくなりがちで、そのことから、毛穴がつまり易いのです。
このような体質の方は、やはり遺伝的なことが関係してるともいわれています。

 

背中にきびと遺伝の相関関係はやはり否定できません。